2019/09/06
設立記念セミナー『データ保全で組織を守る』10月4日開催

本研究会は、我が国の国際競争力の維持・向上に不可欠な”データ”の効果的な利活用を行える社会の基盤づくりに貢献すべく先月(8月1日)設立いたしました。その設立を記念して、10月4日に初回のセミナーを開催いたします。今回のセミナーは、会社の基盤となるデータ保全の重要性とその活用についてです。

セミナーの第1部では、情報分野の先駆けとしてその道の専門的対応を得意とする牧野総合法律事務所弁護士法人所長 牧野二郎氏をお招きし、近年重要性が増しているビッグデータや来る5G時代に対する世界の”今“と日本の現状、それに対して今認識すべき”リスク”や取り組むべき課題などをお話しいただきます。

第2部では、オフィスで増え続ける紙文書や電子データに関して、文書管理の効率的な方法は何か。また、映像情報などの情報管理全般において必要な対策、さらにそれらを実現するためのサービスもご紹介します。

“データ”を扱うノウハウが詰まったセミナーですので、企業・組織の経営者、情報管理責任者の方々はもちろん、情報管理にご興味のある方はぜひご来場ください。

■設立記念セミナー『データ保全で組織を守る』 開催概要

開催日時:2019年10月4日(金)13:30 ~16:00
場所:伊藤忠都市開発株式会社 本社
      東京都港区赤坂2-9-11 オリックス赤坂2丁目ビル7階
参加費:無料
定員:80名程度
お申込み方法:下記ページのフォームからお申込み下さい。
URL:https://peatix.com/event/1319330

【当日のタイムスケジュール】
① 13:30~13:35  ご挨拶
    データ保全推進研究会 理事長 野村貴彦
② 13:35~14:35  基調講演『組織におけるデータ管理の重要性とリスク』
    牧野総合法律事務所弁護士法人所長 牧野二郎 氏
     世界の動きと日本のデータ管理の実態、そのうえで組織が求められる対策をご紹介!
③ 14:45~15:30  データ保全を実現するために求められる対策
    ①文書管理における、紙と電子データ
     データ保全推進研究会 山口鉄平(株式会社セキュリティリサイクル研究所)
      紙の存在意義とは? 電子化すべき文書とは? 文書管理の基本的な考え方をご紹介!
    ②データ保全のための対策
     データ保全推進研究会 野村貴彦(株式会社ボウラインマネジメント)
      あなたは何年データを残したいですか? データ量が激増する中で求められる"データ保全”とは?
④ 15:30~15:45  質疑応答
⑤ 15:45~16:00  個別相談会


【基調講演】

牧野総合法律事務所弁護士法人所長  牧野 二郎(まきの じろう) 弁護士

牧野 二郎 弁護士

企業情報管理の第一人者であり、法曹界のオピニオンリーダー。
政府の産業構造審議会臨時委員のほか、専門委員会委員も歴任。
「内部統制時代の文書・情報マネジメント」
「新会社法の核心-日本型『内部統制』 問題」
「 Google問題の核心-開かれた検索システムのために」
「企業のマイナンバー実務Q&A」など著作・講演多数。


【お問い合わせ先】

データ保全推進研究会 事務局