「情報資産管理マガジン」とは

この「情報資産管理マガジン」は、データ保全推進研究会が運営する、情報資産管理についての総合情報ポータルサイトです。

AI(人工知能)、ビッグデータの時代に入り、企業はもちろん、「国家間」の競争においても、「情報」の持つ価値はますます高まっています。

しかしながら、日本では、「紙」を中心とした時代が長く続いてきたために、デジタル化が完全に遅れをとってしまい、データの利活用、またはデジタル化の恩恵としての社会全体の生産性、効率性の向上につなげられていません。いまだに国や自治体への申請に紙が多く使われていることや、現金決済中心の社会であることは遅れを示す例のごく一部です。

個人においても、副業が当たり前の時代になりつつあり、個人としてどう情報を管理・活用していくかは重要です。紙中心の業務モデルでは、在宅勤務を制度として導入することは困難でしょう。

わが国が国際的に競争力を維持していく上で、「デジタルデータを中心とした情報の流通基盤の構築」、「従来の紙媒体のデジタルデータ化」、そして「作成したデジタルデータを様々な外的要因からいかに護るか」が大きな課題となります。

また、ワークスタイルの変化やスマートデバイスの普及にともない社外で情報資産を扱う機会が増えるなかで、情報資産管理に必要な知識・ノウハウは企業・組織だけではなく、ビジネスパーソンひとりひとりにとって必須のスキルとなりました。

このマガジンでは、管理部門・システム部門など情報資産管理に関わる人はもちろん、すべてのビジネスパーソン、また未来のビジネスパーソンにとって必要不可欠な情報資産管理について、役立つ情報をお伝えします。