記録を残す。ICTの前に必要なものは、心と智慧。 元東京市長の永田秀次郎氏をご存知ですか。

コラム
ビジネス

2019年NHKの大河ドラマ「韋駄天」で、再び脚光を浴びた「幻の東京オリンピック」ですが、それを招致したのが、当時、東京市長であった永田秀次郎氏です。永田秀次郎氏が、関東大震災の犠牲者名簿の1万年保存を目指し,タイムカプセル計画を主導し、実現しました。現在も高野山奥の院の霊牌堂で、紙とタイルでの保存が続いています。 このことは、記録の保存にとって重要なことを指し示していると思います。

1. 1万年タイムカプセル計画の目的

秀次郎氏は、関東大震災(1923年)時の東京市長でした。関東大震災で、とりわけ犠牲者の集中したのが、陸軍本所被服廠跡地(現、墨田区横綱町 横綱公園)でした。陸軍本所被服廠跡地では、約3万8千人が四方を火に囲まれ亡くなり、死体は山と積まれました。猛暑が続いて腐敗してきたため、止むを得ず市長の判断で死体の山にガソリンを流し合同荼毘に付しました。このことを秀次郎氏は生涯忘れることはなく、市長を退任した後、退職金を全て投じて、三年掛かりで判明した氏名を書いて高野山に震災霊牌堂を建立し、慰霊のため1万年保存をすることを目指しました。

写真1 高野山震災霊碑堂

2. 1万年タイムカプセル計画の技術概要

詳細は、公益社団法人 日本文書情報マネジメント協会 機関誌IM 「高野山に眠る関東大震災犠牲者名簿 ~1万年タイムカプセル計画~(PDF)」に掲載しております。ここでは、以下に技術的な点を抜粋します。

~~~~~~~~~~~~~~~抜粋~~~~~~~~~~~~~~~

(1)タイルでの保存

陶器は秀次郎氏の郷里の淡路島の淡陶社製造のタイルで、1面75名、両面150名の名前が書かれた。タイルは、霊牌堂の地下室、高さ約1.5mの中に収められている。タイルについては、2013年から東京芸術大非常勤講師 坂口英伸氏が調査を進めている。

(2)紙での保存

紙については内閣印刷局が特別に研究・用意した紙に犠牲者の名を墨で記した。紙は幅九寸(27.3cm)×長さ二尺三寸(69.3cm)、枚数548枚、総重量2貫七百匁(10.1Kg)であった。これを4つに分け、表面に石綿のテープを巻き付けた水晶瓶に、鉛円筒、さらに合金の筒で覆った特殊な三層構造の容器に収めた。空気を抜いた上で保存に適したアルゴンガスを注入し、経年劣化しないよう工夫を重ねた。この保存作業を行ったのは川崎にあった東京電気株式会社である。

写真2 淡陶社製造のタイル

写真3 永田秀次郎氏と名簿保存筒

写真4 水晶瓶の外観

写真5 モネル・メタルバンド

写真6 バンドを巻いた名簿の外観

写真7 鉛円筒への封入の様子

写真8 カーボランダム円筒

写真9 名簿を挿入する八巻氏

写真は、「大正十二年九月関東大震災殃死者名簿 一萬年保存に就いて」永田秀次郎 大正15年10月(国立国会図書館所蔵)より転載。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

3. 長期保存用に不活性ガスを利用した技術の先進性

ここで、驚愕するのが、文書の超長期保存に不活性ガス利用したことです。世界でも先駆的な事例であり、世界初であったと推測します。日本で長期保存に不活性ガスを利用できることが一般に知られたのは、EXPO’70のタイムカプセルからであり、アメリカの独立宣言書が、不活性ガスに封印されたのは、2003年のことです。

4. 何故、そんな先進的なことができたのか

私は、一番の理由は、秀次郎氏の「心、誠意」というところにあると考えます。どうしても長く保存するんだ、できるだけのことをやってあげたいという心ですね。それに対し、アドバイスをしたのが岡野昇博士を会長とする「智慧の会」であり、実際の製作にあたった東京電気会社 八巻升次技師 達が、秀次郎氏の想いに、それぞれ創意工夫を加え、「智慧」で、応えたということだと考えています。

5. 電子データ長期保存では、読み出し装置、読み出しソフトの継続性が重要

電子データの長期保存を考える時、ともすれば、媒体自体の寿命に関心がいきがちです。しかしながら、今回のような不活性ガスに封入すれば、その劣化は極わずかに抑えることができます。そう考えると電子データの長期保存に大切なのは、読み出し装置、読み出しソフトの継続性が重要なことに気が付きます。読者の皆さんもこの観点をいつも持って頂ければと思います。

6. 経営者の皆さんへのメッセージ

文書・情報の保存・活用は、IT部門やCTOに丸投げしていませんか。経営者が秀次郎氏のように熱い心をもって、経営理念、会社のDNAと文書・情報の保存・活用に取り組むことによって、社内の「智慧の会」は効果的に活動し、八巻氏のようにさらなる創意・工夫で1段高い次元で経営者の望むことを実現してくれるのではないでしょうか。

関連記事

  • 【寄稿】税法による帳簿・書類・電子取引記録の電子保存-厳しい「掟」は過去の話、税務調査もスピーディに

    コラム

  • 残すデータ、残さないデータ。あなたはどう選ぶ?~気づかぬうちに溜まる仕事のデータ(後編)~

    コラム

  • 新型コロナウイルス襲来 ついに本格テレワーク時代に突入~必要な備えはできていますか?緊急対策提案~

    コラム